大阪信用保証協会について

コンプライアンス態勢

当協会が、中小企業の金融円滑化という設立目的を持続的に果たしていくためには、業務の健全性を維持し、社会の信頼を得ることがなによりも必要であると考えています。そのためには、あらゆる法令やルールを遵守し、誠実かつ公正な業務の執行が必要であり、コンプライアンスマニュアルを定め、リスク管理の重要性を認識し、適正に業務を遂行し、社会的責任・経営目標を達成することで、地域経済・社会への貢献を果たしてまいります。
また、情報管理の重要性を認識し、適切な運用に努めています。

倫理基準

  1. 信用保証協会の公共性と社会的責任

    信用保証協会の公共性と社会的責任の重さを常に認識し、健全な業務運営を通じて信頼の確立を図る。

  2. 質の高いサービスの提供

    経営の効率化に努め、創意と工夫を活かした質の高いサービスの提供を通じて、地域経済の発展に貢献する。

  3. 法令やルールの厳格な遵守

    あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にもとることのない誠実かつ公正な事業活動を遂行する。

  4. 反社会的勢力との対決

    市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは、断固として対決する。

  5. 地域社会に対する貢献

    広く住民とのコミュニケーションを図りながら地域社会への貢献に努める。

コンプライアンスへの取組み

Ⅰ.コンプライアンスにおいては、役職員全員の意識を高めることが重要と考え、以下の取組みを実践しています。

  1. コンプライアンスを推進し、コンプライアンス態勢の確立、維持を図るため「コンプライアンス委員会」を設置しています。
  2. 法令等遵守態勢を実現する手引き書として「コンプライアンスマニュアル」を制定しています。
  3. 具体的な行動計画を策定し、達成状況を適切に評価するため、「コンプライアンスプログラム」を策定しています。

Ⅱ.不正利用者、反社会的勢力等に対して、捜査当局等の関係機関と連携し、断固とした姿勢で臨み、適正な信用保証に努めています。

  1. 申込書への虚偽・不実記載の申し込みはお断りします。
  2. 添付公文書・私文書の偽造の申し込みはお断りします。
  3. 金融斡旋屋等が介在、介入する申し込みはお断りします。

Ⅲ.保証審査の公平性と透明性の確保に努めています。

  1. 第三者の「信用調査における同席および交渉」をお断りします。
  2. 第三者からの「保証審査に関するお問い合わせおよび交渉」をお断りします。

※悪質な場合は今後の利用もお断りします。

※犯罪となる場合は告訴・告発いたします。

※第三者には加入団体、地域の世話役、コンサルタント・顧問税理士等も含みます。(ここでいう第三者には、金融機関等取扱機関を含みません)

※第三者との申込人の顧客情報にかかわるやりとりは、個人情報保護法などの法令および当協会の規定により規制されています。

※その他、第三者に関連する法令としていわゆる出資法や、いわゆる公職者等のあっせん利得処罰法の規定があります。

ページの先頭へ
大阪信用保証協会
【本店】〒530-8214 大阪市北区梅田3-3-20
(明治安田生命大阪梅田ビル 4~7・9階)